定款認証

Q 定款の認証とはなんですか?

 

A 会社設立に際しては定款を作成しなければならず、会社の本店を置こうとする場所を管轄する法務局所属の公証人に認証をしてもらう必要があります。認証がなければ定款は無効です。そして、原則発起人全員が公証役場に出向く必要があります。

 

 当事務所にご依頼頂いた場合の必要書類等として、

1.定款3通、

2.発起人全員の個人の印鑑証明書、

.現金5万2千円位(公証人の手数料、謄本の交付手数料分)、

4.委任状(発起人の実印で押印)があります。

 

 認証された定款の原本は、公証人が保存し、その間は謄本等の交付請求や閲覧請求することができます。持参した定款は、還付されて会社備え置き用、設立登記申請用となります。会社備え置きの定款は、発起人が定めた場所に備え置かなければなりません。

 

  また、書面でなく電磁的記録をもって定款を作成した場合、電子認証という方法を使う事ができます。これは発起人が電子署名を行い、公証人が認証するという方法で、専用ソフトをインストールしたり別途費用が必要となるなど手間がかかりますが、書面による定款認証に必要な収入印紙4万円が不要になります。